2012年11月16日

UWSC

08/10/31(Fri) 22:22
私は基本的になんでもかんでもデスクトップに置く。なのですぐにデスクトップがいっぱいになって、いるのかいらないのかわからないようなファイルだらけになる。

今までは、それをいかに整理するかを考えていたのだが、逆に、その状態自体が情報として有用なのではないかと考えた。

ダウンロードしたファイル、何かのメモ、そういったものをタイムスタンプやファイルの種類などで分類して、後から必要なものを探すのではなく、たまった雑多な情報から、アクセス頻度が高かったり同じ名前のファイルを何度も保存しようとしたりするなら、その人にとってそれが重要であるとして、上位に表示するとか。

08/11/24(Mon) 10:38
エンバカデロに買収されて初めてバージョンアップの案内が来た。私は1、2、5、8、2005、2007を買ってきたお得意様である。
さらにTurboC++forWin3.1, Turbo C for DOSも買っている。それも個人の自己啓発というか勉強というか趣味のために。
だが今回はちょっと買えません。一番安いProfessionalのバージョンアップでも43,470円である。
1,2年のペースでこんな具合に買うのは馬鹿らしい。
パーソナル用のフリーバージョンって、今もあるのかな?

09/08/13(Thu) 22:46
UWSCで、アプリケーションに任意のキー操作をさせるのを見て、いいなと思った。
スクリプトを見るとなんだかdelphiでもできそうなのでやってみたらできた。
やりたいのはメディアセンターを起動して右矢印、エンターを押すこと。
できたのだが、formを表示させずに終了したいのだがそのやり方がわからない。

09/08/15(Sat) 04:27
フォームを表示しないようにするには、プロジェクトのソースに以下を追加する。

Application.ShowMainForm:=False;

そして、unit内で

 close;

を書いておけば、終了する。

もっとスマートなやり方があった気がするのだが・・・
まあいいや。


09/08/15(Sat) 04:28
これにより、UWSCでexe化が必要なものがexe化できた。
まあ、delphiにはシェアウェア代金なんかとは比較にならないくらいカネをだしているわけだが・・・

09/10/09(Fri) 21:27
で、UWSCがdelphiでできているということを知った・・・


posted by delsoli at 18:42| delphi | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。